2014年11月08日

リベリア滞在の発熱男性、エボラ出血熱は陰性

厚生労働省は8日、リベリアに滞在し、7日午前に東京都内の医療機関に受診していた60代男性からエボラウイルスが検出されなかったと発表した。男性に発熱の症状があったため、国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)で血液などを調べていた。

特集:エボラ出血熱
 男性は現在、指定医療機関の国立国際医療研究センター(東京都新宿区)に入院し、治療を受けている。熱が下がり次第、退院するという。

 厚労省によると、男性は仕事で10月26日まで数週間、リベリアに滞在。現地で患者らとの接触はないと報告していたという。11月4日に羽田空港から帰国、検疫所に滞在歴を申告したときには異状はなく、1日朝夕の2回体温を測り、検疫などに報告する「健康監視」対象となった。

 6日夜に38・9度の熱があり、7日午前に自宅近くの医療機関を受診、のどの痛みもあり、へんとう炎と診断された。帰宅後、発熱をメールで検疫所に報告。同日夕に自宅から国立国際医療研究センターへ搬送された。

 同センターでは、A群溶血性レンサ球菌感染による咽頭(いんとう)炎と診断されていた。

 厚労省によると、7日午後に流行国のギニアから入国し関西空港で発熱症状が確認された、ギニア人の20代女性の検査結果は8日昼過ぎに出る見通しという。
http://www.asahi.com/articles/ASGC81V4HGC8ULBJ002.html
************************************************************
エボラ出血熱の疑いでニュースにするのは、そろそろやめにしてほしいものです。そういうニュースはどんなプラスがあるのでしょう。マイナスオーラを振りまいているだけでしょう。といっても医療関係者には万全の体制で備えてほしいわけですが。
posted by pandemic at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | エボラ2014年11月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408543047
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。