2014年11月04日

対応病床を整備 青森と宮城で初めて

青森県は、西アフリカを中心に拡大するエボラ出血熱など危険性が極めて高い「1類感染症」患者の受け入れが可能な病床1床を県立中央病院(青森市)に整備することを決め、設備の工事に着手した。来年3月に完成予定。

 宮城県でも、東北大病院(仙台市)が平成30年3月までに2床新設する方針。両病院は、それぞれの県で初の第1種感染症指定医療機関に指定される見込み。

 青森県立中央病院では、病室の空気が外に漏れないようにする空調設備や、排水を化学処理する施設、心拍数など患者の容体を遠隔操作で確認できるモニターを設置。県保健衛生課の三橋一史課長は「完成すれば、迅速な対応が期待でき、二次感染のリスクを減らすことができる」と話している。
http://www.sankei.com/life/news/141104/lif1411040031-n1.html
************************************************************
来年中には47都道府県すべてにエボラ出血熱の対応病院を整備してほしいものです。
posted by pandemic at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | エボラ出血熱 対応病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。