2014年11月01日

エボラ出血熱:陰性看護師に「外出制限」米州地裁が命令

【ワシントン及川正也】米北東部メーン州オーガスタの裁判所は10月31日までに、西アフリカでエボラ出血熱患者を治療して帰国した女性看護師、ケーシー・ヒコックスさん(33)に対し、人が集まる場所への立ち入り禁止など外出を制限するよう求める暫定的な命令を出した。州がヒコックスさんに要請していた「自宅隔離」は求めていない。ヒコックスさん側の対応を待ち、同日中に新たな命令を出すという。AP通信などが伝えた。

関連記事

エボラ出血熱:県が対策、関係機関と確認 対象国を拡大 /鳥取
エボラ出血熱:住民と対話が重要 長崎大・奥村准教授、WHO派遣を報告 /長崎
エボラ出血熱:長崎大病院で訓練 医師らが対応学ぶ /長崎
救急車寄贈:日本外交協会、西アフリカに13台 エボラ熱対策支援 /千葉
エボラ出血熱:備え、県が来月「対応検討チーム」 /高知
 米メディアが伝えた命令は(1)州衛生当局による定期的な体温測定(2)旅行について衛生当局の許可を得る(3)ショッピングセンターなど人が集まる場所への立ち入り禁止(4)外出する場合は他人の1メートル以内に近づかない−−など。強制的な「自宅隔離」は命じていない。エボラ熱の潜伏期間は21日で、ヒコックスさんの場合は11月10日までという。

 ヒコックスさんは10月24日にシエラレオネから帰国した際にニュージャージー州で隔離された。2度の検査で陰性と判明した後、27日に自宅のあるメーン州に戻ったが、同州から「自宅隔離」を要請されていた。ヒコックスさんは、体調に異常がないのに隔離されるのは人権侵害だとして撤回を求め、30日には友人と自転車で外出していた。

 裁判所の命令内容は、エボラ熱感染流行国で治療に携わった医療従事者に関する米疾病対策センター(CDC)の統一指針を準用したもの。ただ、感染の兆候がない場合の外出の制限は「特定の所見」が認められる場合に限られ、「体調に異常はない」としているヒコックスさん側の反発も予想される。
http://mainichi.jp/select/news/20141101k0000m030153000c.html
************************************************************
エボラ出血熱の感染源の可能性があるだけにある程度の制約は、我慢すべきだとおもうのですが。制約を受け入れずに自由に行動してもしウイルスを拡散させた場合に責任が取れるのでしょうかね。

でも問題なのは感情的なものではないかと思うのです。西アフリカでエボラ出血熱患者の治療に携わって帰国したら、いきなり隔離されたのだとすれば、そりゃ頭にくるでしょう。まずは西アフリカでの行動を賞賛した上で、国内での行動を制約されることへのお願いをすべきなのでしょう。
たぶん本人もウイルス拡散については、十分に注意を払っているのでしょうから。
posted by pandemic at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | エボラ2014年11月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。