2014年11月01日

カナダ、流行国のビザ停止 豪に次ぎ判断、野党は批判

カナダのアレグザンダー市民権・移民相は10月31日の声明で、西アフリカ諸国など世界保健機関(WHO)が指定したエボラ出血熱の感染流行国の国民が申請する査証(ビザ)発給を一時停止すると発表した。先進国の中では西アフリカからの渡航を制限したオーストラリアに次ぐ措置。

 既に受け付けたビザ申請はいったん戻す。カナダ人やビザを保有している外国人、入国にビザが不要な外国人は入国の際、空港などで適宜、健康状態を確認する。西アフリカで医療活動などに当たるカナダ人の帰国に制限は加えない。

 声明は「カナダ人の健康と安全を守るための予防的措置」と説明した。西アフリカ諸国との往来は少なく、カナダで感染者は出ていない。

 隣国の米オバマ政権は援助活動に支障が出るとして渡航制限に否定的だ。カナダの野党は保守党のハーパー政権による今回の停止措置を批判した。(共同)

*http://www.sankei.com/world/news/141101/wor1411010020-n1.html***********************************************************
オーストラリアに続いての停止措置ですが、今後も増加するでしょうね。日本も同じ措置をしてほしいと私は思いますが、まずやらないでしょうね。エボラ出血熱患者が発生してから大騒ぎするのが、日本人の特徴ですから。
posted by pandemic at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | エボラ2014年11月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408123980
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。