2014年10月30日

エボラ、遺体埋葬をボランティアが担当

西アフリカでのエボラ出血熱への対応について、国際赤十字・赤新月社連盟のエルハッジ・シィ事務総長が、都内で本紙の取材に応じた。


 遺体の埋葬を赤十字ボランティアが担っているといい、シィ氏は「遺体から感染する危険は高く、非常に困難な任務だ。流行を食い止めるため、日本など世界各国の更なる協力が必要だ」と訴えた。

 シィ氏によると、赤十字はボランティア5300人以上を訓練し、埋葬などにあたる。「遺体を洗い、消毒した上で二重の袋に収容し、穴を掘って埋葬する。気温が35度を超える中、防護服を着ての作業は心身共に消耗する」と話す。

 今回の感染拡大の一因は、西アフリカに広く伝わる家族が遺体を洗い、遺体に触る風習にあるとされる。自身も西アフリカ・セネガル出身のシィ氏は「遺体に触れることで残された人々に死者との絆が受け継がれるとされ、遺族にとって重要な意味を持つ」と説明する。

 だが、エボラ出血熱で家族を失えば、「愛する人の死に際に付き添えず、伝統的な葬儀も行えず、自身の感染の恐怖と偏見にもさらされる」とシィ氏は指摘。遺族などへのカウンセリングの必要性を強調した。(国際部 角谷志保美)
http://www.yomiuri.co.jp/world/20141030-OYT1T50029.html
************************************************************
埋葬に携わる人は、感染しても未発症者もしくはすでに感染して治癒した人たちに有料でおねがいすべきでしょう。未感染者のボランティアにお願いすのはいますぐにでもやめるべきです。痛い埋葬にかかる費用に対する寄付を募るべきです。私にお金があれば10億円くらい寄付したいところですが、残念ながら貧乏なもので。
posted by pandemic at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | エボラ2014年10月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。