2014年10月28日

富士フイルム、米ワクチン受託製造会社を買収 エボラにも対応

[東京 27日 ロイター] - 富士フイルムは27日、米バイオ医薬品受託製造(CMO)子会社を通じて、バイオ医薬品CMOでワクチン製造に強みを持つ米ケイロン・バイオセラピューティクス社(テキサス州)を買収すると発表した。これにより、ワクチンCMO市場に参入し、バイオ医薬品事業をさらに拡大する。

ケイロン社は、高度な技術と最先端の設備を持つバイオ医薬品CMO会社。ワクチン製造に必要なウイルスを製造工程内にとどめる高度な封じ込め技術を保有しており、新型インフルエンザウイルスやエボラウイルス、炭疽菌などに対するワクチンを安全かつ安定的に製造することができるという。

同社は、年度内にケイロン社の株式49%を取得し、取締役の過半数を富士フイルムグループから送る。その後、持ち分比率を100%まで引き上げていく。買収金額は公表していない。 (清水律子)
http://jp.reuters.com/article/companyNews/idJPL4N0SM0V720141027
************************************************************
エボラ出血熱の治療薬やワクチンを早急に提供できるようになってほしいものですね。
posted by pandemic at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | エボラ出血熱 ワクチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。